低アレルギーフードの誤解

Dog Book ドッグブック ワンちゃんのお悩みについてアドバイス!

ドッグブックTOP > 低アレルギーフードの誤解

低アレルギーフードの誤解

フードの特長として「低アレルギー」とうたわれているものが数多くあります。
「アレルギー」があるから最近「低アレルギー」のフードに替えた…… 「低アレルギー」フードを食べているから、うちの子アレルギーの心配はない……

       食物アレルギーとは、食べ物に含まれるアレルゲン        が原因で起こるアレルギーのことで、多くの場合、
アレルゲンとなるのはタンパク質です。
アレルギーが起きないようにするには、アレルゲンとなる食材を 摂取しないことが重要です。

メーカーがうたう「低アレルギー」フードとは

・アレルギーを起こしにくいタンパク質を使用している
・使用するタンパク質を1種類(あるいは1〜2種類)に
 限定している

ということであり、 「アレルギーを治すフード」
ではないということです。

アレルギーを起こしにくい素材として、注目
されてきたものに魚や鹿などがあります。
最近ではカンガルー、ブラッシュテイルなど目新しいタンパク質のフードが発売されていますが、ワンちゃんのアレルギーが「鹿」や「カンガルー」と特定されていれば、「低アレルギーフード」とうたわれていても、その子には何の意味もありません。 また、アレルギーの原因が食物ではない場合も、 効果がありません。
「低アレルギーフード」という
言葉はアレルギーを起こしにくい
フード選びの目安と考え、「治して
くれる」ものではないということを
頭にいれておきたいものです。

アレルギー対策には整腸を!

食物アレルギーの場合、「下痢をする」「皮膚をかゆがる」という症状が出ることが多いです。
ワンちゃんのアレルゲンを特定して、その食材を摂取しないことがもっとも有効な方法ではありますが、現在では腸を健康にすることによりアレルギーを起こしにくくなることもわかっています。
腸を健康にすると免疫力も高まり、アレルギー以外の疾患にも効果があるといわれています。
乳酸菌のサプリメントなどを与えるのもおすすめです。

アレルギー対策には一定のタンパク質の蓄積を防ぐ!


ワンちゃんによっては生まれてからずっと
同じフードを食べ続けてもアレルギーにな
らない子もいます。

同じものを食べ続けることにより、アレル
ギーの原因物質が蓄積し、アレルギーを起
こす子もいます。
鶏アレルギーになり、ラムに替える→ラムをずっと食べさせていたら、 ラムでもアレルギーになってしまった

同じものを食べ続けないように
「フードローテーション」する
方法もおすすめです。

幅広く多種のたんぱく質の食事を摂ることで、
特定の食物に敏感になる可能性を低くします。

ペットの防災対策

ページトップへ