犬好生活ごはん。DOG LIKES LIFE
「犬好生活ごはん。」は、天然素材の特徴を最大限に生かした安心のドッグフードです。
複数の生肉をふんだんに使用することで必須アミノ酸をバランスよく摂取でき、オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸が含まれる生魚をたっぷり使うことで美しい毛並みや皮膚の維持に貢献します。ゴマに含まれるセサミン、ジャガイモのビタミンC、玄米に含まれるビタミンEなど、抗酸化成分も自然素材を生かし、添加物を使用せずにつくられています。

犬好生活ごはん。こだわりポイント、国産、完全無添加、安心食材、低温調理

安心安全な犬好生活ごはん。

犬好生活ごはん。の感想

犬好生活ごはん。こんなワンちゃんにおすすめ

ダイエットしたいワンちゃんに

こだわりごはん3原則
「犬好生活ごはん。」は犬の健康に欠かせない、動物性タンパク質、動物性脂肪を十分に含むドッグフードです。その都度仕入れる新鮮な素材をもとに、生肉や生魚をミンチにしてそのまま練りこむ製法を採用しています。一回の加熱のみで製造できるため、油脂の酸化を最低限に抑えることができます。
また、合成保存料を一切使用していないため、賞味期限を製造から6か月に設定しています。開封後は1ヶ月を目安にお使いください。
新鮮な生肉・魚肉を練りこんでいます
犬にとって生肉と加熱した肉とでは栄養価が異なります。「犬好生活ごはん。」は、生肉の栄養をそのままドライフードにすることにこだわっています。生肉のタンパク質を凝固させずに乾燥させることで生肉と同じ栄養を摂ることができますが、そのための低温乾燥では生肉の腐敗の心配が伴います。そこで腐敗を防ぎタンパク質を変性させないまま、抗菌剤無添加のもと製造する方法がとられています。これには、原材料の生肉・生魚が新鮮であること、つまり生食できる原材料を使うことが重要となります。「犬好生活ごはん。」は、生肉が高温で加熱されることなく乾燥され、愛犬の胃まで届くドッグフードです。
生肉

健康維持のための高タンパク設計
タンパク質は、筋肉や被毛の主成分はもちろん、骨の成分にも多く含まれており、犬が健康を維持するためには多くのタンパク質を摂取することが必要です。「犬好生活ごはん。」は、生肉・生魚をふんだんに使い、十分なタンパク量を含むよう設計されています。被毛の維持、毛質の改善には、魚のタンパク質を多く摂ることが効果的とされていることから、煮干し・雑節・魚粉などを混合して、アミノ酸のバランスを最適にしています。
煮干し等

穀物を使用する理由
犬の平均寿命が延びた理由には、医療の進歩とともに、食生活の変化が大きく関わっているといえます。近年では犬がもともと肉食であったことから、グレインフリー(穀物不使用)のフードが多くみられるようになりました。それも理にかなっていると考えます。しかしながら「犬好生活ごはん。」は、穀物に含まれる水溶性食物繊維が腸内フローラを整えてくれることを重要視し、あえて穀物を使用することを選択しています。
穀物

アレルギーへの考え

アレルギーは、アレルゲンが血中に一定以上入り込んだ時に発症します。アレルゲンは基本的にはタンパク質ですので、タンパク質の多い肉や魚、また穀物も多種をバランスよく配合することで特定素材の蓄積を防ぐことができます。大麦は水溶性の難消化性繊維質も多いため、腸壁を丈夫にしてくれることがわかっています。健康な腸壁は血中に取り込むアレルゲンの量が少なく、アレルギーのリスクを軽減してくれます。

アレルギー
最適な油脂バランス
「犬好生活ごはん。」では再生油を使いません。
酸化した油は再生してもすぐに酸化してしまうので、抗酸化剤を添加する必要があるからです。愛犬の健康を守るためには、油脂の鮮度や配分が非常に重要です。また、美しくしなやかな体をつくるために必要とされるオメガ3脂肪酸ならびにオメガ6脂肪酸をバランスよく素材から摂取する設計をしています。
最適な油脂バランス

胃腸を丈夫にする無発泡製法
「犬好生活ごはん。」は発泡していません。
発泡製法は、粒が整った形になり商品として見栄えがよくなる、 造粒とデンプンのアルファー化が同時に行えるなど、製造上のメリットが大きいとされています。単に消化の良さだけを考えれば、胃の中ですぐに溶ける良いフードといえますが、それでは、胃腸が退化してしまいます。ストレスや食中毒などの細菌感染にも強い胃腸にするためには、適度に胃腸に仕事をさせてあげるフードの方がより良いと考えています。また、腹持ちが良く、少ない量でも満足できることで、結果としてダイエット食にもなります。
穀物

犬好生活ごはん。
必要最小限の添加剤

長期保存や形状などにこだわると、抗酸化剤、抗菌剤、製造助剤、着色料、香油、ビタミンなどの添加物が必要になってきます。「犬好生活ごはん。」では、ドライフードである以上どうしても使わなければならないものや、 愛犬の健康に必要でありながら食材だけでは摂取できないカルシウムや必須アミノ酸のみ添加し、必要最小限にとどめています。

フードの形状よりも品質にこだわりを

グルテンの少なさや増粘性の添加物を使用しないことから、安定した粒形状にはなりません。また筋や筋膜が繊維状になって残っていることがあります。これは生肉を使用していること、高温または薬品で溶かしていないことの証でもあります。粒の形状、硬さ、色等が製造時期により異なる場合もあります。これらはすべて「犬好生活ごはん。」が、フードの形状よりも高温で焼かない、添加物を使用しないという品質にこだわり抜いた結果です。どうぞ安心して与えてください。

品質について


犬好生活ごはんno
    成分値

犬好生活ごはん DOG LIKES LIFE

商品検索

キーワード検索