腎臓のケア

キャットフード選びにまよったら
    腎臓のケア
    筋肉やからだを維持するために、猫は高たんぱくの食事を必要とします。しかしながら高たんぱく質は、年齢とともに腎臓の負担になってしまいます。
    腎臓が悪いと診断された場合には、まずはたんぱく質を制限することから始めてみましょう。

    シニア世代の猫のために、必須アミノ酸のレベルを下げることなく腎臓の健康に配慮してたんぱく質を制限、という考えのもとにうまれたのが「カントリーロード キドニープラスシニアケア」です。

    また腎臓の働きが悪い猫は物質分解機能が低下し、特にリンが分解されにくくなります。そのためリンの含有量を抑えたフードが必要です。

    「アニモンダインテグラプロテクト ニーレン」は腎臓ケアに特化して作られた特別食であり、ドライ・ウェットとも食いつきを重視しています。お試しいただく価値のあるフードだと思います。
  • アニモンダ インテグラプロテクト ニーレン
    鶏・豚・七面鳥
    アニモンダ インテグラ
    プロテクト ニーレン
  • カントリーロード キドニープラスシニアケア
    白身魚
    カントリーロード
    キドニープラスシニアケア
  • フォルツァディエチ リナールアクティブ
    イワシ・ラム
    フォルツァディエチ
    リナールアクティブ
  • PRO-VET プロベット キャット リナール
    米・動物性たんぱく
    プロベットキャット
    リナール

ページトップへ