ペット用品通販 » トップ

*
Dog Book ドッグブック ワンちゃんのお悩みについてアドバイス!

ドッグブックTOP > 病気発見のためのポイント

病気発見のためのポイント

どんな病気でも早期発見が大事。しかし、ただなんとなく見ているだけでは病気のサインを見逃してしまう可能性があります。このチェックポイントを意識して愛犬をじっくり観察しましょう。
ドッグブック 病気発見のためのポイント 首・胸・背・腹 肛門 足 被毛・皮膚 口 目 耳 鼻
チェックポイント 目

  涙が多く、目ヤニが出ている。
  目をこする、かゆがる。
  目が赤く充血している。
  白目が黄色みを帯びている。
  眼球が白く、にごっている。
  左右の目の大きさがいつもと違う。
チェックポイント 鼻
  鼻水がたくさん出る、止まらない。
  鼻の先が乾燥している。
  鼻が腫れて変形している。
  鼻がずっとつまっている。
  鼻血が出ている。
チェックポイント 耳
  茶色または黒の耳アカが出る。
  耳ダレが出ている。
  耳からイヤなニオイがする。
  耳をしきりに振る、足でかく。
  耳の周辺の毛が薄くなった。
チェックポイント 口
  よだれがとても多い。
  歯肉や舌が白っぽい。
  歯肉や舌がいつもより赤い。
  唇が腫れている。
  口臭がひどい。
  歯石がたくさんついている。
チェックポイント 皮膚・被毛
  換毛期ではないのに毛が異常に抜ける。
  フケがとても多い。
  毛づやがよくない。
  皮膚に炎症やただれがある。
  体臭がきつくなった。
  体をしきりになめる、またはかく。
  ノミまたはダニがいる。
このページのトップへ
チェックポイント 足
  歩き方がおかしい。
  足に触れると痛そうにする。
  肉球に傷や亀裂がある。
   
 
 
チェックポイント 首・胸・背・腹
  リンパ腫が腫れている。
  乳腺にしこりがある。※特にメスの場合
  お腹が膨張している。
  触ると痛がる場所がある。
チェックポイント 肛門
  肛門周辺がうんちでひどく汚れている。
  肛門の周辺にぶつぶつがある。
  肛門に炎症がある。
  お尻を床にこすりつけている。
このページのトップへ
チェックポイント 糞便
  下痢が1日以上続いている。
  糞便に粘液や血液が混ざる。
  糞便の色がいつもと違う。
  排便の回数が急に増えた。
  排便しようとしても出ない。
チェックポイント 尿
  色がいつもより濃い、または薄い。
  尿がにごっている。
  血尿が出てしまった。
  尿がいつもよりにおう。
  排尿しているのに量が少ない。
  排尿しているときに痛がる。
  陰部をしきりになめている。
  尿の量が突然多くなった。
チェックポイント 嘔吐
  嘔吐した。
  吐いたものに虫や異物がある。
  吐いたものに血液が混じる。
  吐血した。
チェックポイント 呼吸
  せきをする。
  苦しげに息をしている。
  呼吸時にへんな音が混じっている。
  呼吸が浅く、舌が紫になっている。
チェックポイント 行動
  異常に興奮するようになった。
  急に落ち着きがなくなった。
  よろける、体が震える。
  運動をしたがらなくなった。
  動作が急に鈍くなった。
このページのトップへ


「うちの犬の健康をまもる本」 GAKKEN
「犬の病気がわかる本」 RETRIVER編集部






Dog Book ドッグブック TOPへ戻る