ペット用品通販 » トップ

*
Dog Book ドッグブック ワンちゃんのお悩みについてアドバイス!

ドッグブックTOP > 犬に与えてはいけない食べ物



  タマネギ・ネギ類・にら・にんにく 血液中の赤血球を壊す成分が入っているため、
血尿や下痢、嘔吐などをおこす可能性があります。加熱しても成分が分解されないので、ハンバーグなどの加工食品でも注意が必要です。
 
ぶどう 中毒症や腎臓障害の原因になります。干しぶどうも同様です。
ぶどうの皮は特に危険です。
キシリトール ガムなどに含まれていて、人間には有効とされているキシリトールですが、犬に与えると、体内でのインシュリンの分泌を強力に促進させる働きをしてしまうので、大量に摂取すると急激な低血糖をおこしてしまうことがあります。肝不全をも起こす可能性もあります。
チョコレート カカオの成分が原因で、嘔吐や下痢、中毒症になる可能性があります。ショック状態や急性心不全になることがあります。カカオ含有量の高いビターチョコほど危険です。
香辛料(唐辛子、コショウ、わさびなど) 刺激物は危険です。感覚麻痺などを起こす可能性があります。また、胃腸を刺激して下痢になりやすいです。

  魚介類(イカ、えび、タコ、かに、貝など) 生の甲殻類(エビ・カニなど)、貝類(特にホタテなど)ビタミンB1(チアミン)欠乏症を発症する恐れがあります。イカは消化が悪いので、消化不良の原因にもなります。  
ほうれん草 生のほうれん草にはシュウ酸が含まれているので、大量に摂取するとシュウ酸カルシウム尿石症になる可能性があります。
ナッツ類 消化が悪いので、消化不良の原因にもなります。
鳥の骨 鳥の骨は特に硬くて、食道や消化管を突き刺すなどして
傷つける可能性があります。
牛乳・ヨーグルト 体質によりますが、消化が悪いので、下痢や嘔吐の原因にもなる場合もあります。ミルクはペット用のものを利用しましょう。
ハム・ベーコン・チーズなど加工品 塩分の過剰摂取になると、心臓や腎臓に負担がかかり、体に悪影響を及ぼします。
草 レンゲ・彼岸花・野イチゴの葉・スミレ・トリカブト・スズランなどは
中毒症状を起こす可能性があります。
カフェイン入りのもの(コーヒー、紅茶、お茶など) カフェインには中枢神経興奮作用があるので、
心臓や神経系への異常をおこす可能性があります。
マグネシウムを多くふくむ食材 煮干し、鰹節、種類によってはミネラルウォーターもマグネシウム
を含んでいるものがあります。大量に摂取すると、
結石になる可能性があります。
スルメ スルメは胃の中で水分を含んで膨張します。
膨張して、腸や食道に詰まってしまい、胃腸障害を起こす可能性があります。
観葉植物、園芸植物、雑草 中毒物質をもっているものが多いので、口に入らないように気をつけましょう。スイセン、チューリップ、アサガオ、アロエ、ツツジ、トリカブト、スズラン、ホウズキ、ユリ、ポインセチア 、ポトス、レンゲ、彼岸花、スミレなども中毒症状を起こす可能性があります。 散歩は除草剤がまかれているところは念のため避けた方がよいでしょう。



これらの犬にとって害になる食べ物は、飼い主さまが与えなくても、拾ったり、もらったりも含めて、犬が勝手に食べてしまう可能性もあります。飼い主さまが管理をして愛犬の口に入らないように気をつけてあげてください。万が一食べてしまった場合でも、全く平気なワンちゃんもいますが、重い症状が出るワンちゃんもいます。獣医師に見てもらいましょう。



「うちの犬の健康をまもる本」 GAKKEN
「犬の病気がわかる本」 RETRIVER編集部





Dog Book ドッグブック TOPへ戻る