BONE ボーン
BONE ボーン − 健康を見つめた新しいフードのカタチ
新鮮な自然のめぐみを使用した生物学的に適正な食餌
BONE (ボーン) は、自然のめぐみ、生肉・粉砕骨・内臓・醗酵野菜&果実&ハーブ・ヨーグルトなど、新鮮な生の食材が多く入っており、これらの食材は大自然が育んできたタンパク質・必須脂肪・ビタミン・ミネラル・酵素などの栄養素、抗酸化物質を豊富に含んでいます。私たちはBARF (生物学的に適正な生の食餌) という考え方に基づき、生食を推奨し自然のめぐみを取り込むことで、犬や猫たちの健康を回復し、維持することができると考えています。醗酵野菜&果実&ハーブは、肉食獣が最初に食べる獲物の内臓に詰まった半消化態の野菜・果物を再現した食材であり、完全に生の状態で食べるより、より消化、吸収が高まります。
なぜ生食が良いのでしょうか?
野生の犬や猫は永い間、火の通っていない生の食べ物を食べて健康を保ってきたと考えられます。生の食物には酵素が豊富に含まれており、生の状態で身体に取り込むことで消化を助け老化の進行を遅らせる効果が得られると考えています。
※酵素は熱に弱く加熱すると簡単に壊れてしまいます。犬や猫の歴史からみても生物学的にみても生で食べることが彼らにとって適正な食餌法なのです。
犬と猫の食性
犬や猫は狩猟動物であり、そのためネズミやウサギ、また鶏などの小型哺乳類を再現できる食餌が必要となります。犬は雑食に近い肉食動物のため狩猟した小動物の胃の中身を模した消化されかかった野菜や果物が15%以上必要とされます。また、猫は完全な肉食動物のため多くのタンパク質と脂質を含んだ食餌が必要となります。骨は少なめであり、内臓を増やし、特に肝臓を必要としています。
「BONE」はさまざまな発酵野菜・発酵フルーツ・ハーブを使用しています
ビタミン・ミネラル・繊維質などを含む野菜を12種、抗酸化作用を持つポリフェノール類を豊富に含むフルーツを9種、犬がかつて自然化で自主的に摂取していたといわれるハーブを33種配合しています。
本来肉食である犬や猫は大切な栄養素である酵素を獲物である草食動物の胃や腸から摂取していました。その胃や腸の中身を再現したものが発酵野菜です。消化されかかった植物に近い状態なので消化しやすい上に加齢・ストレス・化学薬品・生活環境・食生活などにより不足しがちな酵素を豊富に含んでいます。
カブ
ブロッコリー
ニンジン
キャベツ
トマト
ダイコン
キュウリ
パイナップル
レモン
ホウレンソウ
レンコン
モヤシ
リンゴ
ブルーベリー
【発酵野菜】 カブ、キャベツ、キュウリ、コマツナ、ダイコン、トマト、ニンジン、パセリ、ブロッコリー、ホウレンソウ、モヤシ、レンコン
【発酵フルーツ】 パイナップル、リンゴ、レモン、パパイヤ、ブルーベリー、ブラックベリー、ハックルベリー、ボイセンベリー、ブラックカラント
【ハーブ】 アカザ、アカメガシワ、アマチャヅル、イチョウ葉、ウコギ、ターメリック、エゾウコギ、エビスグサ、オオバコ葉、オトギリソウ、カキドオシ、カワラケツメイ、カンゾウ、キダチアロエ、クコ(葉・実)、クマザサ、シナモン、コナラ、ニンドウ、スギナ、ダンデライオン、ツチアケビ、ツユクサ、ツルナ、ドクダミ、ナルコユリ、ナンテン葉、ハトムギ、ハブソウ、モクテンリョウ、マツ葉、ヨモギ
昆布、発酵貝化石、ブドウ糖

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜6件 (全6件)

1件〜6件 (全6件)